WiMAX 比較

WiMAX・Wi-Fi・LTEにはそれぞれの方式に一長一短あります。

WiMAX・Wi-Fi・LTEにはそれぞれの方式に一長一短あります。

WiMAXとWi-FiとLTEの違いですが、まずWiMAXは元々中距離エリアをカバーする方式として導入された高速通信で、最大40Mbpsの速度が出るようになっています。エリアはLTEと比べると狭いですし、対応機器を持っていないと使用できませんが、通信制限がなく無制限に使用できるので利便性は高いです。
次にLTEですがこちらは携帯電話の通信規格として導入された通信方式で、最大150Mbpsとゆう光通信に匹敵する超高速通信が可能な方式になってます。しかし、1ヶ月のデータ使用料の上限が7GBまでと決められているため無制限で高速通信が出来るわけではありません。
最後にWi-Fiですが、こちらは固定回線で使用しているインターネットに機器を無線で繋ぐ方式のため、アクセス先となる親機(アクセスポイント)とそれを受けるための子機(スマホなど)が必要になります。モバイルWi-Fiルーターとゆう物も存在してますが、こちらはモバイルルーターが親機の役目をしてそれにスマホやWi-Fi対応機器を接続する仕組みになっています。
自宅のネット回線でWi-Fiを使用できるようにした場合、通信制限もありませんし、LTE等の電波を使用して通信しませんから、パケット使用料も抑えられますし通信自体が安定しているので安心して使用できるとゆうメリットがあります。大きなデータやアプリなどをダウンロードする場合はWi-Fiを利用したほうが良いでしょう。

 

WiMAX比較情報サイト!

ホーム RSS購読 サイトマップ
WiMAX 比較